~酒田雛街道~
子どもの幸せを祈る
民俗行事とお雛様

 本来、「上巳(3月3日)の節句」とは、草や藁で作った人形(ひとがた)で身体をなで、穢れを移して川に流した「厄払いの行事」でした。貴族階級の子どもの紙人形遊びである「ひいな遊び」がやがて融合し、雛人形を飾る風習に変化していきます。
江戸時代以降は、人形作りの技術が発達したことで、雛飾りは華やかな「雛祭り」へと発達しました。
また、桃の節句等の行事だけではなく、生活環境が悪く幼い子供がかかる麻疹や疱瘡で命を落とすことも多かった頃に、子どもたちの健やかな成長や病気快癒への願いを込め、様々な神に祈る風習がありました。ここ庄内にも民俗行事として最近まであったものと思われます。
今回は、「子どもの幸せを祈る民俗行事とお雛様」と題し、子どもたちに寄せる家族や地域の人たちの深い愛の姿を、様々な展示から感じていただけたら幸いです。
松山文化伝承館 館長