『縄文時代の庄内展』と展示替えに伴う休館

8月30日より『縄文時代の庄内展』がはじまります。
それに伴い展示替えの為、
臨時休館日(8/27-8/29)を頂きます。

特別展示:
縄文時代の庄内展
-幸せですか-

期間:8/30(金)-11/17(日)

内容:
「1万年続いた」といわれる縄文時代。
庄内地方では何を食べて、どんな生活をしていたのでしょう。
酒田市、遊佐町、鶴岡市で発掘された土器や石器、
そして写真パネル等を展示。

期間内イベント:
ギャラリートーク
『縄文時代の庄内を語ろう』
うきたむ考古資料館 館長 渋谷孝雄
遊佐町文化係 渋谷咲智
9/22(日)14:00- 無料(入館料別途)
– – – –

ロビー展示:
縄文とこれから展
内容:
舟形町在住の陶芸家 金寛美(コンヒロミ)の自作縄文土器や
縄文に刺激を受けた器を展示。

期間内イベント:
ミニ土偶教室
10cmぐらいの土偶を作ります。
9/28(土)13:00-15:00
料金 1,000円(入館料別途)
定員 10名
※お電話で申込み下さい0234-62-2632
注意事項
★ まつやまクラフト市と同日で駐車場の混雑が予想されます。
少し早めにいらして、誘導係の指示で駐車ください。
★作った土偶は10/13(日)松山キャンプ場で
野焼きで仕上げる予定です。
野焼きに来れない方には10/15以降伝承館受付で
土偶をお渡しします。

同時開催:真下慶治記念室 最上川Ⅱ

入館料
一般360円 高・大学生250円 小・中学生100円
※20名以上団体割引あり
※小・中学生 土・日無料
※消費税変更に伴い、料金改定の際はご了承下さい。